代表ブログ

【 茶椀の中に 星雲の輝き✨ 】

数年前から、とある番組をきっかけに
「いつか実際にこの目で見てみたい!」
と思っていた神秘性溢れる『茶碗』を
今日やっと見ることができました😆

その茶碗こそが『曜変天目茶碗』です!

『曜変天目茶碗』とは. .
中国の宋時代(12〜13世紀)に福建省で制作
された茶碗で、世界に3個しか現存しない
貴重な名碗。

曜変天目の内面には 大小様々な円形の斑文が
不規則に表れていて、その斑文の周辺が瑠璃色
に青く輝き、放射状の青い筋がみえるのが特徴。

まるで宇宙に輝く星雲のような美しい輝きを
放ち、とても人為的に制作された作品とは
思えないほど 優麗な華やかさを誇っています。

このような文様が現れる理由が 未だ完全に
解明されてなくて、再現も不可能とのこと😲

実際この目で観ても 光沢のある色彩に吸い込まれそうな 何とも言えない神秘性を感じました🤗

館内は撮影📸禁止でしたが 参考になる動画を
見つけましたのでよろしければご覧下さい^ ^
⬇︎
https://www3.nhk.or.jp/news/cameramanseye/2019_0423.html

やっぱり、実際に見たいというのであれば、
6/9(日)までの展示なので、お急ぎで 是非!

写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
>> 記事一覧に戻る
ページトップへ