賃貸経営コンサルティング

サービス概要

昨今、不動産市場は、人口減少、空室率上昇、建物の老朽化等、多くの課題を抱えています。更にコロナショックの影響でますます不透明な時代に突入しております。複雑化する時代に対応するためには多くの知識が必要ですが、全て自分で行うには時間と労力が掛かります。

弊社では自らの賃貸経営の経験と日々、多くのオーナー様から賃貸経営のご相談をいただいておりますので、どんな変化球であっても必ず対応するノウハウがあります。もし、今、少しでもお悩みを抱え、また、こうしたい!という思いがあって、弊社を知っていただき、少しでも助けになることがあると感じていただけましたらお気軽にご相談ください。

サービス内容

入居者の募集

空室対策の立案と実行

滞納家賃の回収相談

賃貸市場調査・分析

修繕工事

その他,賃貸経営全般の支援

賃貸の仲介・契約

物件の維持管理

テナントの誘致

保有資産の分析

金融税関・士業への各種交渉代行

コンサルティングの流れ

対面、WEB面談、電話相談など、お客様のニーズに合わせてご相談いただける場をご用意しております。現状分析に必要な資料をいただき、現状分析を踏まえた対策プランニングをご提案させていただきます。当社はコンサルティング会社でありながら、提案で終わることなく、実行や見直しの継続的なフォローを行うことが特長となっております。

1

ヒアリング

まずはお客様のご希望に合わせて、しっかりとしたヒアリングと状況の精査、お考えなどをお聞かせいただきます。

2

現状分析

お持ちの物件の分析をさせていただきます。必要に応じてオーナー様と共に現地確認を行います。

3

課題抽出

現状分析を踏まえた、課題の抽出を行います。

4

課題解決のための解決策の提案

課題解決のための提案を行います。

5

解決策の実行

決定した解決策を実行します。内容によって弊社にて代行する場合もございます。

6

検証と見直し

提案実行後も実行して終わりではなく、アフターフォローもしっかり行います。

キャッシュフローとは、直訳すると「お金の流れ」。

つまり、年間家賃収入からローン返済や経費を引いた「手残り金」のことです。
そのキャッシュフローをいかに沢山残すかが賃貸経営の重要なポイントです。
その計算式は、下記の通りです。

【キャッシュフロー=年間家賃収入−年間ローン返済–空室損失−運営経費】
詳しくはこちらをご覧ください

T.K.様 (50代 男性)

親の代からの賃貸経営を承継。物件の老朽化に伴い空室が多くなったので、セミナーをきっかけに相談に乗ってもらった。非常に親身になって空室対策をしてもらい、現在ではほぼ満室近くになった。相談して良かった。

K.N.様 (70代 男性)

固定資産管理税が高いのではないかと相談させていただきました。その節は市役所の窓口まで一緒に相談に行っていただきまして有り難うございました。税理士とは違う観点で賃貸経営の相談が出来るのは正直助かっています。

S.M.様 (60代 女性)

入居者の家賃滞納に困り相談のお電話を致しました。すぐに対応していただき、管理会社の見直しや家賃保証会社の活用など細やかなアドバイスを頂戴しました。お陰様で収益も安定してまいりました。